バードレスマット(防鳥剣山)

鳥害対策グッズのロングセラー商品です。その高い耐久性・品質と、鳩・カラス等に対する忌避性能から、官公庁をはじめ電力会社・電鉄会社などでも選ばれ続けています。

鳥が集まる場所に設置するだけで飛来を防止し、迷惑なフン害から快適な暮らしを守ります。独自の特許構造により、初心者の方でも取扱説明書を見ながら簡単に施工することができます。パイプ状の場所に設置するなら、景観を損なわないと好評のワイヤータイプもオススメです。

鳥の種類別 被害の特徴

ハトによる被害の特徴
鳩の糞はその場が汚れるだけでなく、乾燥した鳩の糞が風に飛ばされることによって人体に各種病気を引き起こす原因となったり、鉄を腐食させたりします。そのため、ベランダや手すりに鳩が止まり糞をすることで、快適な暮らしが損なわれてしまいます。
カラスによる被害の特徴
近年増加の一途をたどっており、威嚇や攻撃を受ける場合があります。都会にも多く見られ、ゴミの集積所などに集まります。ゴミが食い散らかされ、街の景観を損ない、ごみ収集作業にも支障をきたします。また早朝から活動するため、鳴き声に悩まされる事があります。
ムクドリによる被害の特徴
3月下旬から7月までにかけて年に1・2回繁殖期があります。都市部の街路樹や公園の樹に集団でねぐらを作り、群れで行動するため非常にうるさい泣き声と共に、大量の糞を落とします。果樹園の果実が食べられる被害も発生しています。

それぞれの状況に応じて選べる剣山4タイプ

鳥のタイプや状況に応じて、4タイプの剣山を取り揃えています。ハト・ムクドリ・カラス・ヒヨドリ・シラサギ・ウミネコ・カモメ対策として、それぞれに合ったタイプが選べます。いずれも屋外耐候試験10年クリアの耐候性プラスチック製。


よくある質問


設置事例&お客様の声

設置場所:商業施設

使用した感想:『壁面の窓周辺にハトが止まる足場があり、歩道へ向かって鳩のフンが落ちるので、歩行者への被害を配慮し設置しました。予防的に設置するタイプのバードレスマット1型を採用。本体は柔らかいため、設置面に合わせた大きさに簡単にカットして使用。設置後は被害報告はありません。』
設置場所:ビル・マンション

使用した感想:『マンションの窓の庇にハトが止まり、通路にフンをするため困っていました。バードレスマット2型を設置。しつこく居座るハトだったが、針の長い2型を敷き詰めて使用したところ被害は無くなりました。』
※写真は設置した剣山の上から撮影。
設置場所:橋梁下部

使用した感想:『橋梁の下に遊具が並ぶ公園が施設されており、衛生面の配慮のため設置しました。排水パイプが多くハトが止まる場所になっているため、バードレスマットカバータイプを設置。非常に効果があったので近隣の橋梁への設置をまた考えております。』
他の防鳥グッズを見る>>

9