ハトワイヤー(鳥避けワイヤー)

ハトの集まりそうな平面や、パイプ状の場所に設置するだけで鳩の飛来を防止し、迷惑なフン害から快適な暮らしを守ります。 ワイヤー型なので、建築物の景観を崩さず、高いコストパフォーマンスを発揮します。被害が重篤な場合は、剣山型のバードレスマットと組み合わせることで、ハトよけの効果をさらに高めることができます。

設置方法

ワイヤーと支柱とスプリングを組み合わせて様々な場所にセットできます。
それぞれ別売になっていますので、設置場所に応じて必要な数量をご購入ください。

1:鳥よけワイヤー
鳥の飛来を防止するために張るワイヤーです。
>>>ワイヤー商品一覧はこちら

2:スプリング
ワイヤーを適切なテンションで張るためのスプリングです。
>>>スプリングの商品一覧はこちら

3:支柱
ワイヤーを張る支柱です。設置場所に応じて様々なタイプを用意しています。
>>>支柱の商品一覧はこちら

4:バンド
パイプ状の場所に設置する際に、必要に応じて使用します。
>>>バンドの購入はこちら


設置場所に応じて選べる多彩な支柱

様々な設置場所にフィットする、4タイプの支柱を取り揃えています。施工性も配慮したパーツですので、作業効率も優れています。ポールには2箇所穴が空いており、それぞれにワイヤーをかけることができます。 2段張りにすると、より効果的なのでおすすめです。
標準ベースセット クランプバンドセット
コンパクトクランプセット ストロングクランプセット


設置事例&お客様の声

大きな工場から家庭のベランダの手すりまで。円形や屈曲した手すりにも、鳩の止まる隙間がないように漏れ無く設置できます。アイデア次第で様々な設置方法があります。

設置場所:兵庫県内 歩道橋
お客様の声:『歩道橋に鳩が止まり糞害が起こっているためハトワイヤーを設置しました。見栄えもすっきりしており大変満足しています。設置場所はH形鋼でしたが、大変スピーディに設置が完了しました。』
使用した支柱:コンパクトクランプセット>>
設置場所:倉庫 屋上笠木
お客様の声:『倉庫周辺にはハトやカラス等の鳥が飛び交っておりますので、先ずは屋上から外側へ糞を落とされぬ様に対策をしました。建物に馴染んで見た目にも目立たちません。』
使用した支柱:標準ベースセット>>
設置場所:飼料メーカープラント タンク上部手すり
お客様の声:『手すりに鳥が止まる被害があり、対策に苦慮していました。設置後は被害が激減し、手すりもそのまま問題無く使用できるため満足しています。』
使用した支柱:標準ベースセット>>ステンレスバンド>>
他の防鳥グッズを見る>>
12